読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニアの立ち居振る舞い: ボトルネックを作らないように

お題「エンジニア立ち居振舞い」

僕が意識しているエンジニアの立ち居振る舞いは、チーム開発におけるボトルネックをなるべく発生させないようにすること。

エンジニア、デザイナー、企画、ディレクターなどがいるチームで開発していると、エンジニアリングやサービス仕様の側面で困りごとが発生することがある。
例えば、

  • チームのエンジニアが仕様や設計について困っている。
  • チームのエンジニアがレビュー待ちでタスクが進めづらくなっている。
  • デザイナーの開発環境でエラーがでたり、gitの操作で困っている。
  • 企画、ディレクターなどがエンジニアリングに関して相談がある。

比較的チームに長く在籍していて、サービス仕様などに詳しいということもあるけど、こういったエンジニアリングにおける困りごとをなるべくすばやく解決できるようにして、待ち時間を短く、チームの開発効率を上げようとしている。あとは、一人でできるタスクよりも複数人が関わるタスクを優先するとか。
他にも、Githubやslackとかに何となく書かれた質問に対してもすばやく回答して、メンバーが困っている時間をなるべく少なくするようにしてる。タスクを進めるうえでボトルネックなくスムーズにタスクを進められることは気持ちよく仕事をする大事なポイントの一つな気がしていて、質問に対して30秒後に回答が返ってくるのと、1時間後に回答が返ってくるのではタスクの進みやすさも違ってくる気がする。

特定の行動や習慣というわけではないかもしれないけど、普段意識していることでした(エンジニアとしてというよりエンジニアディレクターとしてというほうが少し強いかもしれない)